「SEの処世術」


著者は富士銀行(今のみずほコーポレート銀行)でシステム開発してた人。



そんなんでいいんかなぁという部分も結構あったけど、一応現場にいた人の話なので心に留めておこうと思った。

構成としては、サラリーマンとしてのSE・職人としてのSE・芸術家としてのSEについてそれぞれ処世術が記してある。

そして、最後に「勝ち残るSEであるための9のスキル」

目次を読んでも9つのスキルが分かりにくいのでここに列挙しておく。




対外能力


  • 文章力

  • 交渉力→要約能力

  • 人脈

  • 危機管理能力(危機予防+危機対応)


  • 対内能力


  • 集中力

  • 自己管理能力



  • 異能力


  • 「はったり」

  • 徹夜力

  • 直感




  • 2 件のコメント :

    1. 難しそう:集中力・自己管理能力
      面白そう:人脈・危機管理能力
      ��Eなのか?:はったり・直感
      ��E??:徹夜力
      他の二つは苦手だ。
      //----
      自己の健康は今のところどうにかなりそうだが、
      寝坊が多すぎ。ひどすぎる。

      返信削除
    2. はったりは確かに?なだけど、直感は必要かと。
      バグが出た時に原因の個所が直感でわかるとか。
      徹夜力はまぁ……ね(汗
      筆者が銀行のシステム扱ってたのも関係してると思う。

      返信削除