ランサーズ

2007/02/27

「時間はどこで生まれるのか」


これは良著。

内容は、相対論や量子力学などの現代物理学の知見を踏まえた上での哲学的時間論を構築しようとするもの。

時間論を抜きにして、現代物理学が明らかにした日常生活を送っているだけでは分からない世界の姿を垣間見るだけでも十分に読む価値があるし、宇宙観にも影響が与えられると思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿