「君主論」マキアヴェリ

君主論〈新訳〉

俗にいう(目的のためには手段を選ばない的な)「マキャベリズム」は
本来のマキアヴェリの思想とは異なります。

マキアヴェリは単なる思想家ではなく、実際に外交官等として政治に携わった人物です。

従って、その思想も机上の空論ではなく、現実に立脚したものです。



内容的には、君主国の分類から始まります。

君主の行動指針が主な内容かと思っていたので、意外でした。

その後、内政や軍事、外交において君主がどう行動すべきかを歴史(実体験も含まれる)を
もとに考察しています。



味方でない者が中立を要求してきたり、味方の側が、応援を要請してきたとき、


決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。
そして、おおかたの君主が滅んでいく。

印象に残ったもののうちの一節です。

この後、まるで数学の証明問題のように事態を場合分けして、
中立がなぜ駄目なのかを論証していきます。

このような形式が著者の基本的なスタイルなんですが、なかなかおもしろいです。

H15.3.17



0 件のコメント :

コメントを投稿