「共産党宣言」マルクス、エンゲルス


もはや、時代遅れとなっている部分が多いように思えました。

何を言っても言葉が届かないような不毛さの源泉がここにあるのかもしれません。

共産主義についてはいくらか知っていたので、歴史の事柄を別にすれば、自分にとって目新しいものは
それほど多くはありませんでした。

より体系的に共産主義思想を知ることはできましたが。

様々なものを「反動」だの「ブルジョワ」だのと言って非難するのは、
既にここから始まっていたというのは大きな発見でした。

「真の」共産主義を理解していない馬鹿の言動だと思っていました。

「真の」共産主義というものは今、或いはかつてあったものとは違うのではないかと思っていましたが、
大きな間違いでした。

そう、実は自分はこれまで「真の」共産主義というものがあると思っていました。

実際、世界に大きな影響を与えたのは確かです。

それだけの価値を持つものだと思っていたわけです。

まあ、当時は確かに大きな価値あるものだったのかもしれません。

ただ今日では最早、価値は無い、とは断言できないまでも、あまり意味はないのではないかと。

H15.3.7


0 件のコメント :

コメントを投稿