ミュージックセキュリティーズとミュージックファンドを比べてみた

※各々、最新のファンドであるBOLERO-39(Music Securites)とJade(MUSIC FUND)で比較しています。













名前ミュージックセキュリティーズミュージックファンド
契約名称匿名組合契約「BOLERO-39」ミュージックファンド第39号出資契約
募集総額214万円480万円
1口あたり
出資額
1000円3000円
特典着うた3曲5口以上:発売前のCD
10口以上:CDジャケットにクレジット表記
申込手数料なし
※但し往復の振込手数料が必要
1口当たり315円
出資者分配率リクープ前売上の35.83%
リクープ後売上の10.00%
売上の25%
営業者手数料出資金の5.5%
リクープ後売上の10%
出資金の20%
売上の10%
分配予定日契約終了日より60日以内償還日より120日以内

※リクープ:損益分岐点



偶然にも両ファンドとも「39」だった。

ミュージックファンドの申込手数料率10%はちょっとありえない気が……。

何回も見直したけど、1回とかじゃなくて1口あたりの手数料が315円。

分配予定日も長いし……。



とは言え、特典を考慮に入れると妥当かもしれない。

純粋な投資ではなく、消費の一環としての投資と考えるべきなんじゃないかと思う。



この概念は応用が利きそう……というか既にいろいろあるか。

最近だと金商法の絡みで色々面倒そうだけど。



お約束だけど、投資は自己責任で。



0 件のコメント :

コメントを投稿