少し生き方を変えようと思った

「生き方を変える」…そんな言葉は使う必要がねーんだ。

��中略)

『生き方を変えた』なら、使ってもいいッ!

なんてどこかの兄貴に怒られそうですが、まじめな話。



まあ、この記事に感化されたわけです>ネットに時間を使いすぎると人生が破壊される。人生を根底から豊かで納得のいくものにしてくれる良書25冊を紹介 - 分裂勘違い君劇場

どうでもいいけど数えたら28冊あったけど、上下巻を1冊として数えたらやっぱり25冊でした。

さらに余談ですが、25のうち自分が読んだのは3冊で、そのうち2冊がニーチェ(「善悪の彼岸」と「道徳の系譜」)。

ニーチェは良いものです。(ちなみに25冊中5冊がニーチェ関係でした)



自分はネットの他に「ちょびっとだけ」本も読んでいますが、リアルの人生が(仕事を含めずに考えると)ほとんど存在していない位の状況に自分がいることに気づいて愕然としました。

そんなわけで、ネットに費やす時間を減らし、良書に親しむ時間を少し増やし、リアルの生活を充実させようと思う今日この頃です。

あーあと、ネットでも最近は受信ばっかりで送信というものを全然していないので、その辺も多少頑張ろうと思う。

とりあえずはここ数ヶ月で読んだ本のレビューとか。



ってまあ、こんな話をブログに書いてるのがそもそもどうなのかって気もするけど、これもまあ発信の一環ということで。


0 件のコメント :

コメントを投稿