ランサーズ

2008/05/19

ラブホテルファンド

前にも書いたと思うんだけど、自分はここでラブホテルファンドに出資しています。



そして、先月末のニュースによると、代表社員が阿部勝彦なる人物に変わったとのこと。

で、この阿部勝彦って人物が何かちょっと怪しげというか、いわくつきな感じでちょっと失敗だったかな……という話です。



とりあえず、今月末の決算からラブホテルファンドの評価額は今まで簿価だったけど、0円にしておこうかなと思っています。



というわけで、今月の特別損失50万円。

2年後に何事も無く償還されると、特別利益50万円+配当。



本来はリスクに応じて評価すべきなんだろうけど、トリプルAだった債券が20%に評価されるこんな世の中じゃポイズン。


2008/05/18

マネックス証券

2008年5月16日からマネックス証券で「年金積立インデックスファンド 海外新興国(エマージング)株式 」(長い)の取扱いが始まりました。

これで、各セクタのインデックスファンドが全てマネックス証券に揃いました。

素晴らしい!



早速、今まで持っていた新興国関連のファンド(以下の4つ)を売って、

「インデックスファンド海外新興国株式」を買うことにします。



ちなみに、今まで持っていたファンド

・損保J―F・トルコ株式オープン

・HSBC アジア・プラス

・三井住友ニューチャイナファンド

・欧州新成長国株式ファンド



その他、新興国株としてはイートレード証券でEEM(海外ETF)を買ってます。

「インデックスファンド海外新興国株式」はリレー投資元として活用予定。



ちなみに、以下はマネックス証券で取り扱っている各セクタのインデックスファンドのリスト。

日本株

 インデックスファンドTSP

外国株

 年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)

新興国株

 年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

日本債券

 STAM 国内債券インデックス・オープン

外国債券

 年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)

新興国債券

 年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券

日本不動産

 MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)

外国不動産

 STAM グローバルREITインデックス・オープン



まぁ、自分が買っている(買う)のは外国株と新興国株と外国不動産だけですが。

外国債券としては「世界物価連動国債ファンド」を持っています。

ちょっと信託報酬高めですが、コモディティ+債券という意味で少し持っておくのもありかな、と。

他には、南アランド建の世界銀行債も少々持ってます。



マネックス証券は投資信託の保有残高に対してポイントがつくので、他の証券会社と買付手数料が変わらないようであればオススメです。

実質、信託報酬の値引きですね。



但し、株を買うのは勧めない(手数料が他のネット証券と比べてかなり高い為)

でも、貸し株が出来るので、他の会社で買ってマネックスに移管するのはアリかな。

売る時にまた移管するのが面倒なので自分はやりませんが。



以上、マネックス証券の宣伝でしたw


2008/05/12

The Fortune 500 - 2008

いつまで続けるか判らないけど、(自分のサイトにしては)そこそこ需要があるようなので、こういった企業ランキングが発表されたら簡単にレビューしておこうと思います。



ネタ元:Fortune 500 2008

去年の記事:The Fortune 500 - 2007



Fortune 500は、アメリカ企業の売上高ランキング。

Fortune global 500と違って、他の国の企業は含まれていません。



TOP20は以下の通り。



1 ウォルマート

2 エクソン・モービル

3 シェブロン

4 GM

5 コノコ・フィリップス

6 GE

7 フォード自動車

8 シティグループ

9 バンカメ

10 AT&T



11 バークシャー・ハサウェイ

12 JPモルガン・チュース

13 AIG

14 HP

15 IBM

16 バレロ・エナジー

17 ベライゾン・コミュニケーションズ

18 McKesson

19 カーディナルヘルス

20 ゴールドマン・サックス



去年と比べると、去年3位のシェブロンと同4位のGMが入れ替わっただけで、その他の1位~9位の順位は一緒。

なお、去年10位だったAIGは今年13位に下がっています。

代わって、今年10位となったのは昨年27位から上がってきたAT&T。

ちょっと調べてみたところ、ベルサウス社の買収が効いたようです。



11~20位の顔ぶれもあまり変動はありません。

ホームデポとモルガン・スタンレーが消えて、ゴールドマン・サックスが入ってきた位です。

ちなみに、今年の21位がモルガン・スタンレー、22位がホームデポ。