みんなの党が党員を募集していた

みんなの党が党員を募集していました。

党費は一般党員が2000円で、ネット党員が1000円(年間)

結党当初からこれまでサイトに党員募集のコンテンツが無かったので、気になっていたのですが、ここ最近?始めたようですね。



ちなみに、自民党の一般党員は4000円、家族党員は2000円、特別党員は2万円以上。

2年連続で党費を納めると、総裁選挙の有権者になれる。



現在の与党第一党の民主党の党員は6000円、サポーターは2000円。

��在外邦人または在日外国人の方でもOK)

サポーターでも代表選挙に投票可。



ついでに亀井の国民新党は、党員1000円、党友は一口5000円(何口でもOK)。



社民党は……細かいw

今までは年額でしたが、ここからは違います。

40歳未満の党員(一般党員):月額1300円

40~60歳未満の党員(一般党員):月額2000円

60歳以上の党員(一般党員):月額1000円

協力党員は、どの年齢層も年6000円または月額500円



つまり、社民党は年齢で差別する高齢者に優しい政党である、と。



お次は共産党

入党費300円。

さすが過ぎる……。

伊達に労働者の味方じゃありませんね。

でも、定期的な党費はないのかなと思って規約(第10条参照)を読んでみると……「党費は、実収入の一パーセントとする」

うお、年収300万だったら3万円か。

まあ「失業している党員、高齢または病気によって扶養をうけている党員など生活の困窮している党員の党費は、軽減し、または免除することができる」みたいですけど。



これで主だったところは全部かなと思ってWikipediaで確認したらもう一つありました。

素で忘れていた公明党

野党になってから空気になってませんか?

公明党の党員募集のページは……見つかりませんでした。

学会員になってくださいということなんですかね?wwww

まさか、こんなオチがつくとは思っていなかったですw



日本航空を国が支援すべきかアンケートをとっていたので「民間の航空会社なのだから民間の競争原理にゆだねるべき」に一票入れておきました、リバタリアンとして。

どうせ、残念な結果になっているんだろうなと思って結果を見てみると、自分が選んだ選択肢が37.80%で何とトップ!(回答者数合計 82人でした)

「経営の失敗は自分たちの責任なのだから潰れても仕方ない」が18.29%で、「高すぎる年金を削減できたなら支援してもいいと思う。」と同率で2位でした。



最後、公明党がらみがやたら長くなってしまいましたが、以上で、現在衆院で2議席以上を有する政党は網羅できたと思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿