「闇の子供たち」梁 石日

闇の子供たち (幻冬舎文庫)

貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。



勝手にドキュメンタリーだと思い込んで買ったところ、実は小説だったっていう。



永江朗の解説が左翼的で気にくわないけど、本編は面白い。



ラストが好きです。

単なるハッピーエンドではなく(このテーマで単なるハッピーエンドだったら最低評価つけると思う)、絶望しか残らないわけでもなく。


0 件のコメント :

コメントを投稿