「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued~10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?~



というわけで、公開2日目の今日、AKB48のドキュメンタリー映画を観に行ってきました。

オタクな男の人が多いのかと思っていたけど、女子中学生(くらい)の子達や親子連れも多く、幅広い層に浸透しているのかなと思いました。



内容はインタビューが主体の印象でした。



インタビューを受けていたのは以下の15名のようなんだけど、秋元才加の記憶だけが無いですw

括弧内は第2回選抜総選挙の順位、加入時期、所属チーム、旧所属チームの順です。



大島優子(1位、2期、チームK、旧チームK)

前田敦子(2位、1期、チームA、旧チームA)

篠田麻里子(3位、1.5期、チームA、旧チームA)

板野友美(4位、1期、チームK、チームK、旧チームA)

渡辺麻友(5位、3期、チームB、旧チームB)

高橋みなみ(6位、1期、チームA、旧チームA)

小嶋陽菜(7位、1期、チームA、旧チームA)

柏木由紀(8位、3期、チームB、旧チームB)

宮澤佐江(9位、2期、チームK、旧チームA)

河西智美(12位、2期、チームB、旧チームK)

峰岸みなみ(14位、1期、チームK、旧チームA)

北原里英(16位、5期、チームB、旧チームA)

秋元才加(17位、2期、チームK、旧チームK)

指原莉乃(19位、5期、チームA、旧チームB)

横山由依(圏外、9期、チームK、研究生)



顔と名前が一致しなかったのは北原里英と横山由依だけでした。

つい2~3ヶ月前までは一人も知らなかったことを考えると、中々のものかと思います。



こうしてみると、見事に上位陣が勢揃いですね。

ただ、順位に着目すると、10位の松井珠理奈、11位の松井玲奈(共にSKE)、15位の小野恵令奈(2010年9月AKB卒業)を除けば、13位で6期生の高城亜樹、18位で4期生の佐藤亜美菜が入っていません。

秋元才加はチームKのキャプテン(途中で辞任したけど)だから外せないとして、代わりに?インタビューされているのが、指原莉乃と横山由依という格好になるでしょうか。



そして、この2人の所属事務所がツートップの大島優子・前田敦子と同じ太田プロだということに気づいて何となく大人の事情を感じてしまった今日この頃w



もっとも、別に選挙の順位で映画を作るって決まっていたわけではないので関係ないでしょうが。

指原は、今年から看板番組の「さしこのくせに」を始めたり、勢いあるしで、まあ納得の人選。(個人的にも結構好きだしw)



順位だけで考えると、横山由依だけがちょっと不自然に感じるかもしれませんが、実際に観て納得。

この映画で、最も感動したエピソードが横山由依のエピソードでした。

若い人に夢を与えてくれそうな感じの。



そういうところも含めての戦略なのかもしれないけど。





後は感想など。ネタバレ注意。



大島優子

元々は優等生的振る舞いしてて自分を出せてなかったって話が意外だった。



前田敦子

改めて特徴的な声だと思いましたw



篠田麻里子

初期のメンバーはAKB内にとどまらない夢を持ってるけど、最近のメンバーはAKBに入ることが目標みたいになってるみたいな話が印象的でした。



板野友美

上位メンバーはやっぱりもつべきものを持ってるんだなと思いました、向上心とか。



渡辺麻友

ガチでオタクっぽいな、この子は。



高橋みなみ

この人凄い。

でも、正直リボンはどうかと思う。



小嶋陽菜

一見天然に見えるけど、いろいろと考えてる人なんだなと思った。



柏木由紀

AKBってアイドルっぽくない(いわゆる偶像的な意味で)けど、この人はアイドルを演じようとしてたらしい。

でも、周りが本当のことをバラすからついたあだ名がブラックw



宮澤佐江

この人と峯岸みなみは考え方が似てると思う。

集団内でどうやって自分のポジションを築くか、考えて行動してそれなりの結果が出ていることは素晴らしいと思う。



河西智美

声がかわいい。

顔も好き。

バラエティ番組とかではやる気無さそうに見えるけどwステージに対する気持ちはきっと本物なんだろうなと思った。



峰岸みなみ

この子はもう大人。

自分を客観的に見ることが出来て、その上で将来のことまで考えてるっていうね。

将来予想図があるある過ぎて噴いた。




北原里英

本を読んでた印象。

話してた内容はよく覚えてないw



秋元才加

前述した通り、この人のインタビューあったっけ?という印象ww



指原莉乃

さしこ、大分に帰る。

おじいちゃん、おばあちゃんの印象が強くて、本人が何喋ってたかあまり覚えてないw



横山由依

この映画で一番感動させられた。

努力を人に認めてもらえるって素晴らしい。







0 件のコメント :

コメントを投稿