ランサーズ

2011/05/26

三井住友海上がイスラム金融に本格参入その2

前回記事(三井住友海上がイスラム金融に本格参入)の続報です。



前回記事ではネット上にソースが見当たりませんでしたが、今回は三井住友海上がプレスリリースを出しています。

マレーシアにおけるタカフル事業への資本参加について(2011/03/01)

マレーシアにおけるタカフル事業への出資完了について(2011/04/04)



東京海上は10年前(2001年)からタカフル事業を展開していますが、三井住友がタカフル分野に進出するのはこれが初となります。

��参考:東京海上HDのタカフル展開についてのまとめ

ちなみに日本3メガ損保のもう一角、NKSJは海外展開は弱く、タカフル事業には進出していません。



その他のめぼしいニュースサイトの記事は以下の通り。

三井住友海上、ホンリョンタカフルに出資 東京海上は提携解消(マレーシアニュース)

三井住友海上、イスラム保険に進出 マレーシア企業に出資(MSN産経ニュース)

新社名ホンリョンMSIGタカフル:三井住友海上のイスラム保険合弁[金融]



マレーシアの大手金融グループ「ホンリョン」傘下の事業会社に株式35%(約9億円)を取得するようです。



記事にもありますが、この「事業会社」、実はホンリョンと東京海上との合弁会社の「ホンリョン東京海上タカフル社」です。

今回、東京海上が出資を引き上げる代わりに三井住友海上が出資する形になります。



また、東京海上側もプレスリリースを出しています。

マレーシア タカフル会社の株式売却に関するお知らせ



どちらのプレスリリースでも相手方の存在には触れていないところが少し興味深いです。



なお、新社名は「ホンリョンMSIGタカフル」(HLMT)になるようです。


0 件のコメント:

コメントを投稿