ランサーズ

2013/12/19

選挙の非合理性とその裏に潜む合理性について

なんとなく、無駄に仰々しいタイトルをつけてみましたw

2012年12月4日、第46回衆院選が公示されました。

今回、自分はある候補者のボランティアスタッフとして選挙に関わりました。
とは言っても、そんなに大層な役目があるわけでも、がっつりと関わっているわけでもなく、公示日とそれ以前に2回ほどお手伝いをした程度です。

昔(小学生の頃)から、政治には一定の興味を持ち続けていましたが、実際にリアルな世界で具体的な政治活動に携わるのは今回の総選挙が初めてでした。

おそらく問題無いとは思うのですが、変に何かの迷惑がかかってしまうのは本意で無いので具体的な候補者名は伏せます。
(その候補者は見事当選し、今は衆議院議員として活動されてます)

さて、今回、ボランティアをして感じたのは選挙運動の想像以上の泥臭さ、手作り感、非合理的な側面です。
(誤解無きよう念の為に言いますが、これはあくまで私個人が感じたことで、候補者の方が同じようなことを思っているように感じたことは一切ありませんでした)

象徴的な例をひとつあげます。

選挙の公示日に提示されるポスターについてです。
選挙が近くなると、掲示板が選挙区ごとに設置され、公示日に候補者のポスターが貼られますが、そのポスターのことです。

あまり深く考えたことはありませんでしたが、選挙管理委員会か何かが各候補者のポスターを貼って周っているものだと思っていました。
が、今回初めて、各陣営が公示日にポスターを貼りまわってることを知りました。

なんと非効率な!と、その時思いました。
掲示板は同じ場所にあるんだからまとめて貼れば良いのに。。。

が、事務所でポスター貼りの進捗率や他陣営の状況を気にしている様子を見て分かりました。
ポスター貼り自体もひとつの戦いなんだなと。

各選挙区で掲示板の数やポスター貼りを開始できる時間は決まっています。
そのため、全てのポスターを貼り終えるまでの時間で動員できるボランティアの数を伺い知ることができたりするわけです。

ポスター貼りの例に限らず、選挙の世界では非効率な面(人手が必要)や、公職選挙法に代表される複雑なルールがあります。
法律を作るのは国会議員であるのだから、活動しやすいように改正すれば良いのにと思っていたわけですが、こうした複雑なルールが一種の参入障壁として機能しているのでしょうね。

というわけで、非合理の裏に潜む合理性を発見した(かもしれない)というお話でした。

自分達を縛るルールを自分で作ることになっているのはどうなんだという気もしますが、企業ではそれが一般的(当然、内規のみがルールではなく法律や監督官庁の存在もありますが)なので、それこそまさにガバナンスの問題なんでしょうね。

2013/12/15

10年以上利用していたauからイーモバイルに乗り換えました


乗り換えてから8ヶ月くらいが経過したのでここで少し所感を述べます。

auにはかれこれ10年以上お世話になりました。
auで最後に使っていた機種はIS03(auが一般向けに本格的に売り出した最初のスマホ)です。

ちなみにauの前はアステルのPHSを使ってました。
最近の若い人はアステルもPHSも知らないのかな……。

ついでにauで使っていた機種の一覧、メーカーと使い始めた時期も載せておきましょう。
・A5504T(東芝、2004/04~)
・W43T(東芝、2006/04~)
・W62H(日立、2008/12~)
・IS03(シャープ、2010/12~)

そして、今回、イーモバイルのSTREAM X(GL07S)にMNPで乗り換えました。
新機種のメーカーは、中国の通信大手、華為技術(ファーウェイ)です。

今後また日本のメーカーの端末を使うことは果たしてあるのだろうか……。

以下に良い点と悪い点を列挙します。

<良い点>
・本体価格が安い
ヨドバシカメラで購入しましたが、本体価格42,000円でしたが、1万円割引で32,000円でした。
最新の機種だとこの2倍ぐらいすることもあるので価格競争力があるかと。

・維持コストも安い
2年間割引が効いている状態ではありますが、通話料抜きで2032円+消費税です。
auのときは2年間の割引中で5552円(30分無料通話込み)で、2年間の割引が無くなったときには7052円(同左)だったので圧倒的に安いです。
そもそもauからイーモバイルに乗り換えた動機も維持費の安さが魅力でした。

・LTE
これは最近ではアドバンテージというより最低条件ですが、ちゃんとLTEに対応しています。
また、イーモバイルはソフトバンク傘下の会社なので、この夏からはソフトバンクのネットワークにも接続できます。

・動作が軽快
購入当初、auのIS03と比較して、ヌルヌルに動くので感動しました。
最近のスマホだったら状況は大体同じかと思います。
ちなみに、CPUはクアッドコアで、学生時代に使っていたPCを遥かに凌駕するスペックでムーアの法則すげーです。

ただ、最近はChromeの動作がモタつくようになってきたのでちょっと軽量化ができないか調べてみます。

・ワンセグがついてない
これは人によってはデメリットかもしれませんが、個人的には良い点です。
うちにはテレビが無く、PCにもテレビを見る機能はついていなく、その他テレビの電波を受信して試聴する設備はスマホのワンセグだけでした。

NHKの解釈ではスマホにワンセグ機能がついていると受信料を払う必要がありました。

GL07Sにはワンセグ機能が付いていないので、これで完全にNHKに受信料を払う必要が無くなりました。

本当に嬉しいです。

<悪い点>
・GPSの精度が悪い
同じGPSなのになぜこんなに精度が悪いのか。
中国メーカー製だから?
前のスマホでは常に数メートルの誤差ですっかりそれに慣れた生活を送っていたので、それが数十メートルの誤差になると自分がいる道を特定できないことがあるため非常に不便です。

ちなみに北京で使っていたときは誤差はほぼ無かったです。
もしかして、相対論効果の調整パラメータが中国の緯度経度に最適化されてるのか?(適当に言いました)

・電波事情
東京川崎横浜では特に困ったことはありません。
その他、東京から成田空港に向かうまでや、福岡、熊本、箱根、陸路で伊勢、山中湖に行きましたが特に電波面で困ったことはありませんでした。

ただし、沖縄、テメーはダメだ。

いや、悪いのは沖縄ではないですし、那覇では普通に使えたのですが、今帰仁村にあるホテルでは使えませんでした。。。


・赤外線通信がついてない
これ、機種変当初は困るかなと思いましたが、最近はLINEが主流なので何も困りません。

・メールの振り分けができない
これ致命的、と機種変当初は思ってましたが、最近はLINEが主流なので何も困りませんでした。
今でも携帯メールでやりとりするのは自分の母親くらいのものですw

以上。

2013/12/01

最近の投資状況(2013年11月)

2013年11月下旬、GoogleとNaverが相次いで買値の2倍を超えた(含み益ですが)ことを記念して、久々に最近の投資状況を書いてみます。

売却した後に株価が2倍になったことはあっても保有期間中に2倍を越えたのは実は今回が初めて。
(先に金地金が移動平均単価でみても2倍を越えた経験があるのが皮肉ですね)

現在の金融資産のアセットアロケーションは以下の通り。



見てお分かりの通り、前回までと大きく異なっている点があります。
オフィスのバージョンが上がりましたw

冗談はさておき、株式比率が約40%から70%強に上がっています。
これはまあ、想定通りですが、前回下げたいとしていた日本株比率まで微増しています。
日本株比率は少し下げて代わりに新興国株の比率を上げたいですね。

新興国債券はポートフォリオから無くしました。
先進国債券は米ドルMMFなので、自分の中での位置付けとしてはMRFみたいなもので将来、株式投資に充てる準備資金です。

この円グラフには現れていませんが、日本国債のベア型ファンドを積立で買っています。
インフレターゲットを定めている以上、国債金利もそのうち必ず上がるはずだという信念です。

株式クラスの中身についてはどうでしょう。
前回(約3年前)と比べて、だいぶ銘柄が入れ替わりました。
前回から引き続き保有しているのはMetlifeとGoogleだけです。(それも大部分は利確済み。。。)


現在の持ち株(評価額が大きい順)
Naver
ライフネット生命
日本航空
Amazon.com
The Procter & Gamble(P&G)
Cisco Systems
Las Vegas Sands(LVS)
Metlife
Google

※ちなみに、韓国株(Naver)は先進国株に含めています。

前回の最主力だったプラップジャパンは今年、売却しました。
(選挙関連銘柄として物色の対象になりました)

今年6月にはfacebook株を買いましたが、こちらは早くも売ってしまったので11月末時点では保有していないです。

Naverは今年5月、株式分割前のNHNだった時に購入しました。
分割後、NaverとNHNエンターテインメントに分割されましたが、NHNエンターテインメントはすぐに売って、
売却で得た資金で更にNaverを購入しました。

無論、LINEの価値に着目してのことです。
今回のNaverへの投資は13年間の投資人生の中で金額・利益率共に最大です。(まだ利確してませんが)

日本株も全体としては好調ですが、ライフネットは振るいませんね。
元々、3~5年先を見据えて買っているので、継続して保有する方針です。

日本航空は最近JALカードをメインで使っているので、株主優待もあるし、配当利回りも高いしということで買いました。
が、株主優待は使い勝手悪いですね。
国内線の航空券が普通運賃の半額になるのですが、ツアーで行く方が安いので使えません。
今日、チケットショップに売ってしまいました。

優待含め、配当利回りが高いことは確かなので、業績が堅調なうちは持ち続けますが、不調の兆候が見えたら売ってしまおうと考えています。
LCCの台頭もありますし。
価格差を考えれば目安2時間以内のフライトはLCCで充分な気がします。
ビジネス用途ですと、定時到着率の関係から話は変わってくるのでしょうが。

Amazonについては電子書籍の可能性に着目しています。
自分自身、Kindleで書籍を購入することが多くなりました。
1 Clickで購入できて、すぐに読めるというのは本当に革命的です。

予約しておけば発売日に自動でタブレットにダウンロードされますし。
本を置くスペースを気にする必要もないですし。
(マンガは特に嵩張りますからね)

P&GとLVSについてはMarket Hackでの紹介を読んで、惚れました。

Ciscoは他の米国株が素晴らしいパフォーマンスを魅せる中、株価的には伸び悩んでいます。
今後の世界では自動車や家電等、あらゆるものがインターネットに繋がるはずなので、同社は素晴らしい機会に恵まれていると思っているのですが、どうですかね。

前回記事
最近の投資状況(2010年12月末)

タグ
投資状況