ランサーズ

2013/12/01

最近の投資状況(2013年11月)

2013年11月下旬、GoogleとNaverが相次いで買値の2倍を超えた(含み益ですが)ことを記念して、久々に最近の投資状況を書いてみます。

売却した後に株価が2倍になったことはあっても保有期間中に2倍を越えたのは実は今回が初めて。
(先に金地金が移動平均単価でみても2倍を越えた経験があるのが皮肉ですね)

現在の金融資産のアセットアロケーションは以下の通り。



見てお分かりの通り、前回までと大きく異なっている点があります。
オフィスのバージョンが上がりましたw

冗談はさておき、株式比率が約40%から70%強に上がっています。
これはまあ、想定通りですが、前回下げたいとしていた日本株比率まで微増しています。
日本株比率は少し下げて代わりに新興国株の比率を上げたいですね。

新興国債券はポートフォリオから無くしました。
先進国債券は米ドルMMFなので、自分の中での位置付けとしてはMRFみたいなもので将来、株式投資に充てる準備資金です。

この円グラフには現れていませんが、日本国債のベア型ファンドを積立で買っています。
インフレターゲットを定めている以上、国債金利もそのうち必ず上がるはずだという信念です。

株式クラスの中身についてはどうでしょう。
前回(約3年前)と比べて、だいぶ銘柄が入れ替わりました。
前回から引き続き保有しているのはMetlifeとGoogleだけです。(それも大部分は利確済み。。。)


現在の持ち株(評価額が大きい順)
Naver
ライフネット生命
日本航空
Amazon.com
The Procter & Gamble(P&G)
Cisco Systems
Las Vegas Sands(LVS)
Metlife
Google

※ちなみに、韓国株(Naver)は先進国株に含めています。

前回の最主力だったプラップジャパンは今年、売却しました。
(選挙関連銘柄として物色の対象になりました)

今年6月にはfacebook株を買いましたが、こちらは早くも売ってしまったので11月末時点では保有していないです。

Naverは今年5月、株式分割前のNHNだった時に購入しました。
分割後、NaverとNHNエンターテインメントに分割されましたが、NHNエンターテインメントはすぐに売って、
売却で得た資金で更にNaverを購入しました。

無論、LINEの価値に着目してのことです。
今回のNaverへの投資は13年間の投資人生の中で金額・利益率共に最大です。(まだ利確してませんが)

日本株も全体としては好調ですが、ライフネットは振るいませんね。
元々、3~5年先を見据えて買っているので、継続して保有する方針です。

日本航空は最近JALカードをメインで使っているので、株主優待もあるし、配当利回りも高いしということで買いました。
が、株主優待は使い勝手悪いですね。
国内線の航空券が普通運賃の半額になるのですが、ツアーで行く方が安いので使えません。
今日、チケットショップに売ってしまいました。

優待含め、配当利回りが高いことは確かなので、業績が堅調なうちは持ち続けますが、不調の兆候が見えたら売ってしまおうと考えています。
LCCの台頭もありますし。
価格差を考えれば目安2時間以内のフライトはLCCで充分な気がします。
ビジネス用途ですと、定時到着率の関係から話は変わってくるのでしょうが。

Amazonについては電子書籍の可能性に着目しています。
自分自身、Kindleで書籍を購入することが多くなりました。
1 Clickで購入できて、すぐに読めるというのは本当に革命的です。

予約しておけば発売日に自動でタブレットにダウンロードされますし。
本を置くスペースを気にする必要もないですし。
(マンガは特に嵩張りますからね)

P&GとLVSについてはMarket Hackでの紹介を読んで、惚れました。

Ciscoは他の米国株が素晴らしいパフォーマンスを魅せる中、株価的には伸び悩んでいます。
今後の世界では自動車や家電等、あらゆるものがインターネットに繋がるはずなので、同社は素晴らしい機会に恵まれていると思っているのですが、どうですかね。

前回記事
最近の投資状況(2010年12月末)

タグ
投資状況

0 件のコメント:

コメントを投稿