【タカフル】FWDがHSBCからマレーシアのイスラム保険事業を買収

6年ぶりのタカフル関連のニュースです。

HSBC、イスラム保険から撤退 | シンガポール・マレーシアのニュース | AsiaX

FWDがHSBCのマレーシアのイスラム保険事業の持ち分(49%)を買い取ります。

銀行が本業以外の事業を売却するのは、リーマンショック以降の規制強化に対応する流れですね。

FWDは香港を本拠地におく保険グループです。
2013年に設立され、アジアでの存在感を強めています。

パシフィック・センチュリー・グループの保険事業部門がFWDになります。
2013年にING(オランダの金融大手)の香港、マカオ、タイの生命保険事業を買収したのが始まりです。

その後、2014年にフィリピンの生命保険事業に参入、2016年にはシンガポールとベトナムへの同事業への参入を果たしています。

日本では2017年にAIGグループからAIG富士生命を買収しています。
現在は、FWD富士生命として営業していますね。

再保険大手のSwiss Re(スイス再保険)もFWDに資本参加しています。

欧米の金融大手がアジアの生命保険事業から撤退する中、存在感を強めているのがFWDになります。
今後も拡大路線を続けるでしょうし、注目しています。

タカフルのニュースというより、FWDの記事になってしまいましたね。

タカフル関連の記事は以下のリンクにまとまっています。
hexarys: タカフル

以上。

0 件のコメント :

コメントを投稿