子供の確定申告

2021/07/17

税金

t f B! P L

2020年は長男の特定口座で利益が出たので、確定申告を行いました。

これまで何度か還付申告を行い、ブログでも記事にしていますが、住民税の還付金が支払われるパターンは初めてです。

(収入のある大人の場合は住民税額が調整されるので、住民税の還付金が支払われることはない)


関連記事(カッコ内は申告書提出から還付金振り込みまでの期間)

国税還付金振込支払通知書(2009年)(1ヶ月強)

国税還付金振込通知書(2012年)(3週間程度)

確定申告(還付申告)後の還付金はいつ支払われる?(2018年)(2~3週間)


スケジュール

2/26(金)税務署に確定申告書(紙)を提出

3/29(月)所得税の還付金の振込 

6/11(金)住民税の還付金請求書が到着

6/13(日)住民税の還付金請求書を郵送

7/5(月)住民税の還付金の振込


というわけで、確定申告書の提出から住民税の還付金が支払われるまで、4ヶ月以上かかりました。

長いですね。


あと、還付金を振り込む口座の情報は確定申告の際に国(税務署)に伝えています。

国と地方自治体で連携して、住民税の還付も同じ口座に振り込んでくれれば良いのに、と感じました。

そうすれば住民税の還付金請求書のやりとりは不要にできます。


所感

紙で確定申告が必要

うちの子たちはマイナンバーカードを保有しています。
が、15歳未満であるため、署名用電子証明書を発行できません。
※署名用電子証明書は実印に相当するため、15歳未満は持てないようです。

そのため、紙で確定申告書の提出が必要になります。

ここ数年、自宅から確定申告することに慣れていたので、面倒ですね。
印刷代も必要ですし。

長女も若干の利益が出ていたので、還付申告をすればお金が戻ってくる状況でしたが、印刷代のほうが高くつくので、申告はしないことにしました。


ジュニアNISAは有能

課税口座で取引して利益が出ても、基礎控除の範囲内なら実質非課税になります。
とはいえ、上記のとおり、なんやかんや手続きが必要になるので、自動的に非課税になるジュニアNISAは楽で良いですね。

2024年以降は新規投資ができなくなってしまうのは残念です。

よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

Be happy!

プロフィール

ばしこ

2000年 15歳で株式投資を開始
2009年 米国株投資を開始
2011年 不動産投資を開始
2016年 長男(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始
2018年 妻(3x歳)インデックス投資@つみたてNISAを開始
2019年 長女(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始

mail:basico@hexarys.net

ブログ アーカイブ

米国株ポートフォリオ

ブログランキング

Translate

QooQ