「三月は深き紅の淵を」恩田陸


「三月は深き紅の淵を」

自分の脳では、このタイトルを脳語にアセンブルすると「読め」になります。

一切の負意を排除して最大級の好意を込めて「よくできた話」です。

最も好きなタイプの小説のうちのひとつです。

第三章まではそう思っていました。

この小説は四部構成となっているのですが、第四章で裏切られます。

いい意味でも、悪い意味でも。

「六番目の小夜子」を彷彿とさせます。

いやまったく「よくできた話」です。

幾重にも折り重なった意味で。

H15.3.9



0 件のコメント :

コメントを投稿