「おじいさんは山へ金儲けに」村上龍


現代版「学問のすすめ」といえるかもしれません。

またひとつ新たな見解を得ることができました。



0 件のコメント :

コメントを投稿