「なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか」

2006/11/10

読書

t f B! P L

タイトル通りの内容。

ここまでタイトルと内容が一致している本も珍しいと思う。

以下、各章のタイトルを列挙してみますが、各章の内容も正しくタイトル通り。



第1章「いったどんないきさつでエイリアンの研究をするようになったのか?」

第2章「なぜエイリアンに誘拐されたと信じるようになるのか?」

第3章「もし起きていないなら、なぜ記憶があるのか?」

第4章「アブダクションの話は、なぜこれほど一致しているのか?」

第5章「どんな人が誘拐されるのか?」

第6章「もし起きていないなら、なぜ起きたと信じたがるのか?」



細かいプロセスは省きますが、つまるところ「エイリアンによる誘拐=アブダクション」というのは一種の[神話/物語/宗教]のようです。

睡眠麻痺(金縛り)や睡眠障害、うつ状態、体の痣、人間関係がうまくいかないこと等々の原因をアブダクションに求めるようです。

この発想はひどく奇異に思えるかもしれませんが、日本で金縛りの原因が幽霊に求められるのと比べれば大差ないかと思います。



アブダクションに興味が無くても、科学・疑似科学・宗教あたりの関係や催眠や記憶のメカニズムなんかに興味があれば読んでみると面白いかもしれません。

��エイリアン関係の細かい話しは適当に飛ばし読みしつつ……)



よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

Be happy!

プロフィール

ばしこ

2000年 15歳で株式投資を開始
2009年 米国株投資を開始
2011年 不動産投資を開始
2016年 長男(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始
2018年 妻(3x歳)インデックス投資@つみたてNISAを開始
2019年 長女(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始

mail:basico@hexarys.net

ブログ アーカイブ

米国株ポートフォリオ

ブログランキング

Translate

QooQ